スポーツのけが

症状悪化の前に来てください

スポーツでのけがや体の不調に悩む方はたくさんいます。
子どもから大人、高齢者まで起こりうることです。部活での負担過多の練習による炎症や骨折、肉離れ、きちんとした指導のないままのマシントレーニングでも筋肉は痛んでしまいます。

症状が悪化すると、競技をあきらめざるを得なくなったり、日常の生活に不具合が出たりしてしまいます。
痛くなってからでは遅いのです。
痛くなってからでは時間もかかります。
ちょっと調子がおかしかったら、すぐに来ていただくようお勧めします。

肩・上腕部のけが

肩周辺で発生する炎症が代表的で、高校生以下の野球選手に起きやすい症状です。
ボールなどを投げる動きが原因であるため、ハンドボールや陸上競技の投てきなどでもしばしば見られます。

ひじのけが

テニスでのテニスエルボーと呼ばれる症状が代表的です。肘の使い過ぎで肘関節部の炎症が生じ、しびれや痛みが特徴的な症状です。

手首のけが

手首も痛めやすい部位です。筋肉の腱がうまく動作しなくなった状態を腱鞘炎といいます。
末端に近い部分なので軽く考えて競技を続行してしまい、状態をひどくしてしまうこともあるので注意が必要です。

腰のけが

腰痛の中でも多いのが、肉離れや筋肉の使いすぎによる慢性疲労性腰痛です。
急性のギックリ腰も多く起こります。椎間板ヘルニアなどに重症化する危険な症状です。急激な動きや体のひねり、また同じ動作の繰り返しなどが原因となります。

膝のけが

膝痛の代表は成長痛であるオスグッド病です。中学生から高校生に多く見られます。
スポーツをしている選手がかかりやすい傾向があります。ジャンパーズニ―、ランナーズニーという競技特有の症状もあります。

太腿やふくらはぎのけが

筋肉が断裂する肉離れは完治するまで長くかかります。筋肉痛とは違う症状なので早期に発見して適切な治療を行うことが必要です。

足首のけが

捻挫や疲労骨折などに悩まされる方々が多くいます。疲労の蓄積によるケースも多くあります。

固定を中心にした丁寧な施術

当院ではストレッチやマッサージを中心に、テーピング、固定具も使ってスポーツに適した体に戻します。また、故障につながった動きを分析して、正しい動作を指導します。
激しいスポーツをしていると、必ず痛いところは出てきます。けがをする前段階での予防が大切です。けがしてから来るのではなく、競技を順調に続けるという目的で来ていただくことも大切です。
基本は保険診療ですが、筋肉痛、関節痛、疲れなどという、保険外の施術も受け付けています。

立体動体波刺激療法を学生には追加料金なしで

立体動体波刺激治療は、サッカーや野球、柔道などのトップクラスが使う機器です。
筋肉を立体的に刺激して、状態を改善していきます。
成人の方からは保険診療+300円をいただいていますが、学生さんからは追加料金をいただいていません。
院長は高校のラグビー部の合宿でトレーナーしていた経験もあります。
院長自身の競技体験と合わせて、若い方に適した施術や指導をしています。

スポーツのコンディショニング

試合で最高のパフォーマンスを
体調を整えて試合でのパォーマンス向上につなげる手助けをしています。
痛みが原因で十分な動きができていない筋肉を活性化させたり、体全体のコンディショニングを向上させたりという施術を重視しています。

治療にも言えることですが、固定を重視しています。
筋肉や関節が痛んでいるところを固定すると、最大限の力を出しやすいからです。
体に対する不安があると試合でのパフォーマンスに影響するので、心理的な意味でも大きな作用があります。

さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら
さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら