施術メニュー

当院の特徴

各種保険診療取り扱い

当院では、健保、社保、国保、共済、後期高齢など各種保険に対応しています。
症状としては、捻挫、打撲などの外傷やスポーツで体を痛めた方から、首、肩、腰、ひざの痛みや神経痛などに悩んでいる方まで幅広く扱っています。様々な痛みに関する相談はお気軽にお寄せください。

明るさとアットホームな雰囲気でおもてなし

施術するには、患者さんとの心が通じていることが大切です。いくら技量が高くても、無言で進められては患者さんの不安は募ります。
「さかた整骨院に行けば心身ともに和める」と言っていただけるような院内づくりをしています。

治療につなげる心の通ったケア

1人ひとりの症状に合わせた適切な治療を提案します。
型にはまった治療ではなく、オーダーメイドの施術で患者さんの悩みの解決に努めています。
当院ではリラックスした雰囲気の中、気軽な会話を通して患者さんの体の状態をより深く理解し、より効果的な治療につなげています。

スポーツ障害はお任せください

院長の阪田は、高校まで強豪校で野球をしていました。
自身が体を痛めて整骨院で救われた経験もあり、特に若い世代のスポーツ選手への施術には自信を持っています。
原因をしっかりと見極め、プロ選手も使う機器で治療します。
さらに痛みを取るだけではなく、故障しにくい体づくりについても指導します。趣味から競技レベルまで、スポーツでの痛みや体調の悩みに対応します。

交通事故に的確に対応

交通事故に遭われた方々の治療に力を入れています。
病院の整形外科ではレントゲンと注射、湿布薬で終わってしまうこともありますし、他院にかかったもののなかなか良くならずに痛みや不快感を我慢している方も多いのが現状です。
自賠責保険の利用で自己負担費用なしで治療できます。気になることがあれば、ご相談ください。

肩こり

筋肉が伸びた状態が続き、筋肉が固まると血流が悪くなることで疲労物質がたまってしまうのが肩こりです。
現代社会では、デスクワークやパソコン操作、スマートフォンの操作などでどうしても下向きの姿勢を取ることが多いので、肩こりになる可能性は大きくなっています。
そのままでいると、固さが慢性化し、うつむき症候群、鶴首といった症状につながります。
また、こわばった状態で急に動くと、寝違いのような痛みを伴う状態になってしまいます。

当院では、肩こり治療にこだわりを持っています。
肩は揉めばいいというわけではありません。
その場では気持ちがいいのですが、すぐに元の状態に戻ってしまいます。つぼを刺激したり、リンパの流れを良くしたりすることが治療の本質です。
肩こりは、悩まされる方々が多いものの、あまり対処の仕方が知られていません。
姿勢が悪いだけでも生じるので、日々の生活で歯磨きと同じような感覚をもって、ストレッチや肩や腰の体操をしていただくよう指導します。予防にもなるし、故障した場合の治りも早くなります。

腰痛

姿勢の問題が大きく影響します。
また、立ち仕事や家事・子育てで無理な体勢を続けた結果や、日々の生活や動作、ストレスによるものもあります。病院の整形外科でも原因を突き止められないケースが多いのも特徴です。

当院では、生活習慣やお仕事などから負担のかかっているポイントを見極め、原因に合った施術をします。
治療が遅れると、ヘルニアや狭窄症などを発症してしまうことがあり、症状によっては手術になることもあります。
早めの対処をお勧めします。

肩こりにもいえますが、当院では院での施術だけではなく、日常生活での注意点もご指摘し、いったん良くなった症状がぶり返さないような習慣づけを強調しています。
毎日ストレッチしたり、重いものをゆっくりと持ち上げたり、さらに起床時には一気に起き上がらずに横向きになってから立ち上がるなど、具体的な注意点を1人ひとりの患者さんに合わせて説明しています。

頭痛

首の筋肉のこわばりは、頭痛にもつながります。
首の付近の自律神経が頭痛に関係しており、そこが硬くなると緊張性頭痛として起こることがあるのです。

デスクワークなどで生じやすい緊張性頭痛、ストレスやホルモンバランスの影響が考えられる偏頭痛などもあります。
当院で行っている温熱療法で筋肉を温めると、それだけで回復される患者さんもいます。

ひざ痛

ひざ関節は脚の骨を靱帯でつないでいる部位なので、とても不安定です。
結果的に軟骨がすり減ることがひざ痛の大きな原因です。靱帯をサポートするのが筋肉なのですが、加齢やスポーツなどで筋力のバランスが悪くなると、関節の中から痛み出します。

そのままにしておくと、軟骨がすり減って症状がひどくなったり、ひざをかばうことで他の部位に痛みが起こったりすることがあります。
高齢者では、転びやすくなったり、段差で躓いたりと思わぬ大けがにつながりかねません。
残念ですが、擦り減った軟骨は元には戻りません。擦り減らないように注意する習慣づけや動作、さらに関節のサポート役の筋肉をつけることが大事です。
ももの筋肉をつけると膝の骨を上に引っ張る効果があるので、軟骨が重力で上と下の骨に挟まれてすり減ることを助けることができます。
日常での体操などをお勧めしています。

骨盤矯正

骨盤が開いてしまったり捻れていたり傾いてたりすると様々な症状を引き起こす原因となる可能性があります。

 

共通して言えることは骨盤に歪みが出ることで内蔵や筋肉への負担が大きくなることから「痛み」は勿論、血行が悪くなることから冷え性や便秘になることがあります。

 

これによりお腹がぽっこり出てしまったりいくらダイエットしても痩せない体質になってしまいます。また、筋肉への負担が大きくなることから猫背になってしまいスタイルが悪く見えます。このように様々な症状を起こす原因となりやすい為、少しでも気になる方は当院へお気軽にお問い合わせ下さい。

スポーツのけが

スポーツでのけがや体の不調に悩む方はたくさんいます。
子どもから大人、高齢者まで起こりうることです。部活での負担過多の練習による炎症や骨折、肉離れ、きちんとした指導のないままのマシントレーニングでも筋肉は痛んでしまいます。

症状が悪化すると、競技をあきらめざるを得なくなったり、日常の生活に不具合が出たりしてしまいます。
痛くなってからでは遅いのです。
痛くなってからでは時間もかかります。
ちょっと調子がおかしかったら、すぐに来ていただくようお勧めします。

交通事故への対応

当院では、交通事故による負傷の治療を多く手掛けています。
知識も、施術の実績もあるので、小さなことでもご相談ください。
交通事故は、自賠責保険を利用できるので、患者さんは費用負担をしなくても治療を受けられます。

交通事故によるけがはとても繊細なものです。事故直後には病院でレントゲンを中心とした検査を受ける方がほとんどだと思います。
しかし、少ない検査だけで症状を確定するのは無理なので、病院や他院での検査に基づく治療により症状が改善しなかった場合でも、当院では違った治療ができます。
事故に遭って、こちらだけ損してはいけません。整骨院は自動車事故被害の専門家です。
前の状態へ戻すために全力で施術します。

さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら
さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら