スタッフブログ

2018.06.22更新

蒸し蒸しした暑さ…。じめっとした身体にまとわりつくような湿度…。そんなときは冷たいものをゴクゴク飲む!

汗をかいたらチャチャッとシャワーで!…と、暑さからこのようになってしまっていませんか?


 

実は、梅雨や夏は身体の芯が冷えやすくなっているのです。

夏の身体は、外気温が上昇するため熱を逃そうとして、血液が体表面に集まります。そのため身体の芯は冷えやすくなっています。冷房や冷たい飲食物で身体をどんどん冷やしてしまうと、体調を崩してしまいます。

水分補給はとても大切ですが、身体が冷えているとスムーズに代謝ができずに余分な水を溜めこみ、めまいやむくみなどに悩まされることにも。身体の芯が冷えるため胃腸も弱くなってしまいます。

冷房の冷たい風は足元を冷やし血行を悪くさせるために、むくみやすくなります。

 

 

 

■夏に多い身体の不調
めまい、足のむくみ、身体が重い、だるい、関節痛、食欲がない、下痢をしやすいなど。
(身体の内側が冷えているとこのような症状がでやすくなります。)

水分を摂ることに一生懸命になっている方は多いと思いますが、「身体の冷え」は意識していますか?忘れてはならないのは、身体の芯を冷やさないようにすることです。

 

 

 

■むくみにはカリウムの多い食材を
むくみには、キュウリ、トウガン、枝豆などの夏野菜、わかめ、ひじきなどの海藻類が効果的です。夏野菜はカリウムを多く含み、利尿効果のあるものが多いです。しかし、これらは身体を冷やす傾向がありますので、暑いところで汗をよくかく人はいいのですが、冷房の効いた部屋に長時間いる人は加減しないといけませんね。

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで

‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐

 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 

平日  AM8:30~11:30、 PM15:00~19:00

土曜日 AM8:30~11:30

定休日 日曜、祝日

 

 

投稿者: さかた整骨院

2018.06.16更新

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」とがあります。

自然免疫は生まれながらにして持っている免疫。獲得免疫とは、病原体に感染することでだんだんと身につく免疫のことです。

ある人は年に何回も風邪をひいてしまう、でもある人はまったくひかない。

これは自然免疫の差が出ているのです。自然免疫でカバーしきれない、血液中に流れている毒素や小さな病原体や細胞の中に入りこんだ病原体などに対しては獲得免疫が対応してくれます。しかし 自然免疫は全てに対応しようと頑張ってくれますが、獲得免疫は、一度獲得したものにしか反応しません。

どちらも高めてこそ免疫力アップ!!ということになりますね。

 

 

 

免疫力が高ければ?
1)風邪やインフルエンザのウイルスが侵入しないようにガードし、かかったとしてもすばやく攻撃し、悪化させません。
2)傷口から侵入しようとする細菌をブロックし、化膿を防止し、皮膚の再生を促して傷を早く回復させます。
3)食べ物と一緒に侵入しようとする細菌にバリアを張ったり、攻撃を仕掛けて食中毒を予防します。
4)雑菌やほこりを肌に寄せつけず、体内からも毒素を排出します。ニキビや吹き出物が出来にくくお肌は整えてくれます。
5)全身の粘膜を丈夫に保つことで、細菌の侵入を阻止します。のどの腫れや結膜炎などを防ぎます。
6)異物に対して、アレルギー症状をおこしにくくします。
7)発がん性物質に早めに対応したり、がん細胞を初期のうちに排除して、がんのリスクを減らします。
8)病原体をらくらく退治できるので栄養を疲労回復に使えていつも元気です!病気にかかりにくいので、活動的に過ごせるのです。

このように免疫力が上がれば、私たちは快適に生活することができます!

免疫力が高ければ、病原体をらくらく退治して、栄養を疲労回復に使っていけるということです。常に免疫力のアップを心がけていれば、病気になりにくい体がつくれます!

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで

‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐

 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 

平日  AM8:30~11:30、 PM15:00~19:00

土曜日 AM8:30~11:30

定休日 日曜、祝日

 

投稿者: さかた整骨院

2018.06.09更新

高齢者が寝たきりになる原因のひとつに骨折があります。

なかでも高齢者の転倒や転落の際に頻度が高いのが、大腿骨頸部骨折とされています。

では大腿部骨折とは何でしょうか。

 

 

 

大腿部とは、分かりやすく言えば「ふともも」のこと。そこに入っている骨が、大腿骨です。

その大腿骨と股関節をつなげているのが大腿骨頸部と転子部で、この部分で起こる骨折の総称を大腿骨頸部骨折と言います。

一般的に下半身より重い上半身を支えている足の骨は、より強い構造で、普通の成人の場合ではめったに折れることはありません。よほど激しい衝撃が加わった場合に限られるでしょう。

 

 

 

ただし、高齢者の場合は例外です。加齢による筋力の衰え、骨密度の減少、視力の低下が影響し、なかでも骨粗鬆症の方は、大腿骨頸部骨折を起こす危険性が高くなります。

症状としては、多くの場合、骨折を起こした直後から、激痛が伴います。

ふとももの付け根部分が強く痛み、立つことや歩くことができなくなります。

周りの人が触れたり、動かしたりするだけでも相当な痛みです。転倒などでこのような訴えがあれば大腿骨頸部骨折が考えられます。

 

 

 

そうならないように対策としては、運動能力の低下を防ぐために日ごろから適度な運動をすること。

家庭内であればできるだけバリアフリーにして、日ごろから自分自身で転ばないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで

‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐

 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 

平日  AM8:30~11:30、 PM15:00~19:00

土曜日 AM8:30~11:30

定休日 日曜、祝日

投稿者: さかた整骨院

2018.06.01更新

身体の大黒柱である背骨の本体、「椎体」と言われる部分が負荷に耐えかねて潰れてしまうことがあり、これを「圧迫骨折」と呼びます。

本来はそう簡単に潰れてしまう事はないのですが、高いところから落下するなど縦方向に強い負荷がかかった時や、骨粗しょう症という、骨がもろくなる病気がある場合などに起こります。

特に骨がもろくなっている場合などはくしゃみをしただけで骨が潰れてしまうことがあります。

体を動かした時に強い痛みを伴い、寝たきりになってしまう事もあり、御高齢の方ほど注意が必要です。

 

 

 

圧迫骨折は背骨に強い圧力がかかった際におこりますが、骨粗しょう症といわれる骨がもろくなる病気によっておこることが最も多いと言えます。

骨粗しょう症はホルモンバランスが崩れる閉経後の女性に特に多く、他にも年齢や運動・喫煙などの生活習慣に関わりがあります。

骨粗しょう症によりもろくなった骨は非常に骨折しやすく、圧迫骨折のみならず、太ももの骨の骨折などもあいまって、寝たきりの原因となることもしばしばです。

骨粗しょう症の検査は比較的簡単に行えるため、気になる方は一度検査をしてみることをお勧めします。

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで

‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐

 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 

平日  AM8:30~11:30、 PM15:00~19:00

土曜日 AM8:30~11:30

定休日 日曜、祝日

投稿者: さかた整骨院

さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら
さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら