スタッフブログ

2017.08.25更新

腱(けん)は骨と筋肉をつなげる、繊維性の結合組織です。

腱は腕から指まで束状に何本も通っており、腱のはたらきによって指の曲げ伸ばしが可能になります。

そして複数の腱をおさめる形で、腱鞘が存在します。

この腱鞘が何らかの理由で腫れと痛みを伴い、炎症を起こすことを「腱鞘炎」といいます。

 

 

手を握る、指を曲げ伸ばしするなどの動作に必要な腱鞘ですが、力のかかりすぎや手指の使いすぎによって炎症を起こします。

腱鞘炎で受診される患者さんの多くは、物書きや事務作業員など、日頃からよく手を使って作業される方々です。

そして、そのような患者さんのほとんどは腱鞘炎だけでなく、肩こりや肘の痛みなどを併発している事が多いのです。

 

 

腱鞘炎の予防には、日頃から指のストレッチを心がけると効果的です。

筋肉が長い時間硬直した状態が続くと、腱鞘炎が起きやすくなります。

そのため、なるべく手を開いて腕を伸ばした状態を意識し、筋肉を緊張させる時間を減らし、緩めることが大切です。

また体の左右どちらかに負荷をかけすぎる事も腱鞘炎の原因になりますので、左右バランスよく荷物を持つことも大切です。

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで

 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療

投稿者: さかた整骨院

2017.08.18更新

免疫は腸でつくられます!


免疫機能の7割は小腸で、大腸で1割が作られています。実に8割が腸に存在しているのです。

 

小腸は、体の中にありますが外界と接しています。

口や鼻の粘膜は、のどや気管支や呼吸器。さらに食道、胃、小腸、大腸を通って肛門までつながってることを考えれば、小腸は外界と接していることになります。

 

腸は体内に必要な栄養を吸収する場所というだけでなく、外から侵入してくるあらゆる異物、病原菌、有害な物質が入り込まないように頑張ってくれています。

だからこそ この腸の働きを高めることがとても大切なんです。

 


小腸の長さは7メートル その粘膜の面積はテニスコートの約1.5倍といわれています。びっくりですよね。

その腸が十分に活躍してくれる為には、腸内の善玉菌を増やす事によって活性化されます。

 

免役機能をアップするには、腸に善玉菌を増やして 腸内環境をよくしていかなければいけません!

 

酵素と食物繊維はとても必要なんです!

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで
‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐
 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 土曜日も診療しております
 キッズスペースも設けておりますのでお子様連れのお母様にも安心して通って頂けます。

 

投稿者: さかた整骨院

2017.08.12更新

8月14日(月) 休診となります。

 

 

 

8月15日(火)より通常診療いたします。

 

 

 

お盆で車の運転が多くなるとは思いますが、くれぐれも交通事故にはお気をつけ下さい!

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで
‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐
 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 土曜日も診療しております
 キッズスペースも設けておりますのでお子様連れのお母様にも安心して通って頂けます。

投稿者: さかた整骨院

さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら
さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら