スタッフブログ

2017.04.28更新

ゴールデンウィーク中は車で外出される方が多くなる為、交通事故のの発生率が高くなる時期でもあります。

どうぞ、車の運転には十分お気をつけください。

また、もうすでに事故を起こしてしまった方、事故に遭われてしまった方、ケガをしてお困りの方等、

当院ではゴールデンウィーク期間中も診療していますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

 

4月29日(土)午前と

5月4日(木)午前、午後診療しています!

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで

‐交通事故治療・むち打ち治療・マッサージ・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷‐
‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐
 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 土曜日も診療しております

 キッズスペースも設けておりますのでお子様連れのお母様にも安心して通って頂けます。
〒300-1236 茨城県牛久市田宮町1075-23
Tell/fax:029-875-5335
HP: http://www.sakata-s.com/

投稿者: さかた整骨院

2017.04.22更新

ラジオ体操を一生懸命にやれば体はぽかぽかになります。

カロリーを結構消費しますので、ダイエットにも効果的です。

一生懸命にやればカロリー消費は、速いペースのウォーキングと同じ消費カロリーなんです。

血流がよくなり筋肉もやわらかくなります。体に刺激を与えてあげることは、骨の活性化にもいい事です。

 

 

関節が痛くて、立つのは大変という方は座ったままで大丈夫です。

NHKのラジオ体操ではイスに座ったままのやり方も紹介されていますよね。座ったままでも上半身の筋肉がほぐせます。

 

 

ちょっとした時でもできるのが、みんなが知ってるラジオ体操。

とても気持ちがいいものですね。

ねじる運動は内臓を刺激します。両手をひろげて胸をぐーっとひろげれば気持ちが落ち着きます。

一つ一つの動作には意味があって体全身の筋肉をほぐすことができます。

心臓の遠い部分からほぐしていき、全身の血行をよくすることをイメージしましょう。

 

投稿者: さかた整骨院

2017.04.15更新

20歳と比べると60歳では筋力は半分になります。柔軟さも半分〜30%は落ちるそうです。

 

年齢とともに筋力が弱くなるのは誰しもそうです。それでしたら少しでも自分でなんとか筋力をつけていきたいですね!

 

先日テレビを見ていましたら、100歳になられた方が、前屈で-16センチ(足のつま先を超えて16センチ)とおっしゃっていました。

 

しかし、決して若い頃から柔らかい体ではなかったそうです。70歳から転倒防止にストレッチを始めたそうですが、それが 100歳になってとても柔らかくなったと言われていました!

 

今からでも遅いということはありません!いつまでも元気な体にするためにストレッチや筋肉をつけ、体づくりをしていきましょう。

 

 

 

 

<ストレッチ>

歩くときには下半身全体の筋肉を使います。ですので、ストレッチでは足の裏側の筋肉を伸ばすことが効果的です。

イスに浅く腰かけて左の膝をまっすぐ伸ばしてください。気持ちいいぐらいに伸ばしましょう。

つま先を少し上に上げるとますます伸びます。このまま30秒キープ。

反対側の足も同じように反動つけずにゆっくりとすることがポイントです。筋力が弱い方は効果があります。

 

※痛い時には無理はしないで下さい。

 

投稿者: さかた整骨院

2017.04.08更新

体重の5%を減らすと、膝の痛みは軽くなると言われています。(例60kgの方は3kg減らす)

 

「せっかくダイエットしたのにリバウンドしてしまった…」。急激なダイエットはしばしばリバウンドを招く事になってしまいます。

 

急で無理な食事制限によるダイエットを行うと、脂肪は減りますが、一緒に筋肉も減ってしまいます。

筋肉は脂肪よりもエネルギーをたくさん消費する為、筋肉が減ると基礎代謝量が落ちてしまうのです。

急に減った筋肉はすぐにはつかないために、脂肪の方がより多く増えてしまう事に。

リバウンドしないためには、ゆっくりと減量させる事が大切です。

 

「1ヶ月1kg減」を目標に。そうすれば、筋肉は急激には減りません。

筋肉量を維持しながら、ウォーキングなどの「有酸素運動」を行って、エネルギーを多く消費するといいと思います。

 

 

そして、大切なのは睡眠時間です。睡眠時間が1日5時間未満ですと肥満になりやすいと言われています。

寝不足によりホルモンバランスが崩れるなどして食欲が増してしまうという事もあります。

体内リズムは大切です!(睡眠時間が短い人でも、生活リズムがよければ無理に長く寝る必要はないのです)

 

投稿者: さかた整骨院

2017.04.01更新

酵素とは、生物の体内エネルギーの触媒となるタンパク質の一種です。
私たちの体内でのはたらきは、大きく分けて2つあります。

 

一つは、食べたものを消化しやすい形に分解する「消化酵素」。
いくらよく口の中で噛んでもそのままの大きさでは栄養として取り入れることができません。そこで、胃腸に入ってくれば炭水化物を分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼなどの消化酵素が消化をしていきます。

 

もう一つは、消化酵素によって、分解・吸収されたエネルギーを代謝する「代謝酵素」です。
代謝酵素は体内の各器官にあり、呼吸・心拍から体温調節・ホルモン調節・免疫機能・記憶や筋肉の動作など、あらゆる生命活動を支えています。代謝酵素をがなければ、どんな栄養をとってもエネルギーとして活用ができないばかりか、生命を維持することができないのです。

 

酵素は体内に5000種類以上あるとも言われています。なぜそんなに多いのかと言うと、一つの酵素のはたらきは一つときまっています。炭水化物を消化するアミラーゼは脂肪を分解することはできません。消化酵素が代謝のためにはたらくこともできません。

 

体内の酵素は体内で生産されますが、体が酵素を作るためには、多大なエネルギーとビタミン・ミネラルが必要になります。体を限界以上のオーバーワークで酷使したり、栄養バランスの悪い食事は、当然酵素不足を引き起こします。

 

「疲れやすい…」「体調を崩しやすい…」「やる気が起きない…」「すぐに太ってしまう…」などは、酵素不足の生活を送っている方の典型的な症状です。

 

日々、酵素を意識した食事を心がければ、毒素を出しやすい体質に、細胞の新陳代謝が活発な体質に、腸内環境も整えてしなやかな血管に、質のいい血液に、と良い方向へ良い方向へと体が進んでいけるのではないでしょうか!

投稿者: さかた整骨院

さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら
さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら