スタッフブログ

2018.09.01更新

今年の夏は例年にない猛暑でしたが、この暑さの疲れが9月に夏バテとして表れるようです。

夏バテの代表的な症状として以下のようなものがあります。

 

 

全身がだるく、疲れがとれない
胃腸の調子が悪くなり、食欲がなくなる
疲れているのに夜眠れない

 

 

実はこれらは、すべて自律神経失調症の症状でもあるんです。

自律神経とは、呼吸、消化吸収、血液循環、体温、心拍数などを調整している神経。体のほとんどの器官は、脳にある自律神経の中枢によってコントロールされています。

人が考えたり動いたりなどの生命活動を行うと、自律神経中枢の細胞で活性酸素が発生し、酸化が起こることで疲労が生じます。なんらかの原因で自律神経中枢の働きが過剰になると、疲労の回復が追いつかず、神経細胞がサビついて傷ついた状態に。すると本来の機能が果たせなくなってしまいます。
これが自律神経失調症です。

夏バテも自律神経に負担がかかりすぎて起こる、いわば「夏特有の自律神経失調症」なのです。

 

その為に普段から体のケアやストレッチ等をして夏バテに負けない体にしておきましょう。

 

 

 

牛久市で交通事故治療やむち打ち治療ならさかた整骨院まで
‐交通事故治療・むち打ち治療・マッサージ・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷‐
‐骨盤・骨格の歪み・産後の骨盤矯正・姿勢矯正・肩こり・腰痛‐
 学生特典有り、高齢者でも安心・安全の治療
 土曜日も診療しております
 キッズスペースも設けておりますのでお子様連れのお母様にも安心して通って頂けます。

平日  AM8:30~11:30、 PM15:00~19:00

土曜日 AM8:30~11:30

定休日 日曜、祝日

投稿者: さかた整骨院

さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら
さかた整骨院 メールでのお問い合わせはこちら